スノーボードW杯、成田が3位

平昌冬季パラのテスト大会

©一般社団法人共同通信社

スノーボードクロス男子下肢障害で3位になった成田緑夢=平昌(共同)

 【平昌共同】平昌冬季パラリンピックのテスト大会を兼ねた各競技のワールドカップ(W杯)が10日、平昌などで行われ、スノーボードはスノーボードクロスの男子下肢障害で成田緑夢が3位に入った。準決勝で敗れて回った3位決定戦でオーストラリア選手に競り勝った。男子大腿障害の小栗大地は準々決勝で敗れて6位だった。

 バイアスロンでは女子立位(6キロ)で阿部友里香が4位、出来島桃子が10位だった。男子立位(7.5キロ)の佐藤圭一と女子座位(6キロ)の新田のんのがともに6位に入った。

あなたにおすすめ

Curated by

papers