MRJ、4機目が米国へ

態勢整え飛行試験本格化

©一般社団法人共同通信社

愛知県営名古屋空港を飛び立つMRJの試験3号機=13日午前

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発している国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験3号機が13日、米国の拠点に向け愛知県営名古屋空港を出発した。既に3機が米国に渡っており、今回の機体を含めた4機態勢を整え、本格的な飛行試験を進める計画だ。

 グアム島や米ハワイ州などを経由し、試験拠点がある米西部ワシントン州のグラントカウンティ国際空港を目指す。当初は昨年中に現地に飛ぶ予定だったが、国内での飛行試験に時間がかかったため大幅にずれ込んだ。

 MRJの開発を巡っては、設計変更が必要になるなどして計画の遅れが相次いでいる。

あなたにおすすめ