東芝、決算再延期要請へ

米原発問題、異例の事態

©一般社団法人共同通信社

 経営再建中の東芝が、2016年4~12月期連結決算を含む「四半期報告書」について、関東財務局に再延期を申請する方針を固めたことが13日分かった。破綻処理の検討に入っている米原発子会社の問題で、14日の提出期限までに決算を確定できないことが確実となったため。主力取引銀行に方針を伝えた。

 東芝が米原発問題で決算報告を延期するのは2回目で、極めて異例。関東財務局は申請を認めるとみられるが、再延期した期限に間に合わなければ、東芝株は上場廃止になる可能性がある。

あなたにおすすめ