台湾検察、馬前総統を起訴

捜査情報漏えい罪

©一般社団法人共同通信社

起訴され、報道陣から質問を受ける台湾の馬英九前総統=14日、台北市内(中央通信社=共同)

 【台北共同】台北地方法院検察署(地検)は14日、2013年に発覚した台湾政界の司法介入問題を巡る捜査情報を外部に漏らしたとして、馬英九前総統を情報漏えいの罪などで起訴した。台湾で総統経験者が起訴されたのは3人目。

 起訴状によると、馬氏は同問題の捜査を指揮した検察トップから報告を受けた捜査状況を、当時の江宜樺行政院長(首相)らに漏えいしたとされる。馬氏は「公務であり、犯罪に当たらない。無実と確信している」と語った。

あなたにおすすめ