浦和、敵地で上海上港と全勝対決 15日ACL「勝ちは譲れない」

画像

 浦和は15日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)F組第3戦で中国の上海上港と敵地で対戦する(日本時間20時30分・上海体育場)。2連勝同士の激突で、浦和は勝てば2年連続の決勝トーナメント進出へ大きな勝ち点3を手にできる。

 前日の14日、同会場で記者会見に臨んだミシャ監督は「われわれにとっても、明日の勝ちは譲れない。厳しい試合になると思うが、勝利をつかみ取って日本に帰りたい」と必勝を約束。上海上港はオスカル、フッキら強力なブラジル人を擁するが、ミシャ監督は「相手のことばかり気にしていては自分たちのやるべきことが疎かになる。自分たちの戦い方に集中したい」と足元を見つめた。

 会見に同席した槙野も「チームとしても個人としてもレベルアップしていることは事実。非常に楽しみだし、チームとしても負けられない」と決戦を心待ちにしていた。

 上海上港のビラスボアス監督は「浦和は良い技術と規律、チームワークがあり、流れるような攻撃をしてくる。難しい試合になると思うが、戦術に特徴のある浦和の選手に対して、どのように守備をすればいいか考えている」と浦和の攻撃力を警戒した。

あなたにおすすめ