非正規2万人を組合員に

オリエンタルランド

 東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドの労使協議で、ディズニーランドのショーの出演者ら非正規従業員約2万人を組合員にすることで合意したことが15日、分かった。組合への加入は4月1日付。

 新たに組合員となるのは、アトラクション施設で働く準社員、アルバイト、嘱託社員、各種ショーの出演者ら。2月の労使協議で合意した。

 正社員による同社の労組の組合員が現在約2900人。組合員が大幅に増えることで交渉力の強化が期待できる。

 会社側も「労働人口の減少によって今後は人手不足が予想される」と説明。非正規従業員の働く環境が良くなれば人を集めやすくなるとみている。

あなたにおすすめ