浦和、ACL3連勝逃す…上海上港に2―3 ラファ、遠藤がゴール

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は15日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、F組の浦和は敵地で同じく2戦全勝の上海上港(中国)と対戦し、2―3で敗れた。勝ち点は6のままで2位に後退。

 浦和は立ち上がりから劣勢だった。前半10分に上海上港のFKを阿部がクリアしたボールが相手の頭に当たり、そのままゴールに吸い込まれる不運な形で先制を許す。さらに、同ロスタイムにはGK西川のクリアが中途半端になると、そのボールをつながれて、エウケソンにロングシュートをたたき込まれた。

 後半7分、かつてJリーグに所属していたフッキにドリブル突破から3点目を献上。浦和は28分にラファエルシルバが自らが倒されたPKを決めると、攻勢を強め、39分にはCKのこぼれ球を遠藤が押し込み1点差としたが反撃が遅かった。

 H組のG大阪はホームで江蘇(中国)に0―1で敗れ、2連敗で勝ち点3の3位となった。

あなたにおすすめ