英女王が裁可、EU離脱法成立

メイ氏、交渉スタートへ

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】英国のエリザベス女王は16日、上下両院が13日に可決した、メイ首相に欧州連合(EU)離脱を通知する権限を与える法案を裁可、同法は成立した。メイ氏が離脱交渉をスタートさせる全ての条件が整った。

 メイ氏は「3月末までの通知」を繰り返し明言している。メイ氏は独立の是非を問う2回目の住民投票の実施を目指すスコットランドなどを巡り、離脱通知前に各地方政府と協議するとされ、25日のローマでのEU首脳会議を避け、離脱通知は3月最終週になるとの見通しが強まっている。

 離脱の条件や離脱後の貿易関係などを協議する交渉期限は原則2年間となっている。

あなたにおすすめ