障害者スキー、立位で新田2位

W杯、距離男子5キロ

画像
男子5キロクラシカル立位で2位の新田佳浩=西岡競技場

 障害者スキーのワールドカップ(W杯)が19日、札幌市西岡競技場で距離のクラシカルが行われ、男子5キロ立位で2010年バンクーバー・パラリンピック金メダルの新田佳浩(日立ソリューションズ)が2位に入った。佐藤圭一(エイベックス)が7位、川除大輝(日立ソリューションズJSC)が8位だった。

 女子2.5キロ座位の新田のんの(札幌デザイナー学院)、同2.5キロ視覚障害の中島由貴(長野県松本盲学校)、男子5キロ視覚障害の高村和人(盛岡視覚支援学校教)がいずれも5位に入った。女子2.5キロ立位の阿部友里香(日立ソリューションズJSC)は6位だった。

あなたにおすすめ