割引記載の名刺、使用中止

横須賀市長

神奈川県横須賀市の吉田雄人市長が作成した割引サービス付きの名刺(電話番号などに画像加工しています)

 神奈川県横須賀市の吉田雄人市長が自身の名刺に観光ツアーなどの料金割引サービスが受けられると記載していた問題で、吉田市長は19日、この名刺の使用を中止したと明らかにした。

 市長によると、公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いがあるとの指摘を受け、弁護士に相談。「控えるべきだ」と助言されたため配布をやめたという。

 問題の名刺は2種類。市内の観光業者が実施している「YOKOSUKA軍港めぐり」(料金1400円)と無人島「猿島」への渡船料(1300円)が1割引きになると、それぞれ裏面に記載していた。2010年末から市内外で約2600枚配布した。

あなたにおすすめ