心肺蘇生、市民が学ぶ 日本循環器学会学術集会が講座

©株式会社北國新聞社

 日本循環器学会学術集会の「心肺蘇生法市民公開講座」は19日、金沢市文化ホールで開かれ、約120人が心臓マッサージの手順や自動体外式除細動器(AED)の取り扱いを学んだ。

 参加者は人形で心臓マッサージを体験し、学会認定のインストラクターが1分間に100回のペースで実施するよう指導した。AEDは音声ガイダンスに従って装着の仕方を確かめた。

あなたにおすすめ