カブス名将、侍ピッチャー陣に好印象 特に「感銘を受けた」投手とは?

©株式会社Creative2

21日(日本時間22日)に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝に挑む野球日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日)、アリゾナ州メサでカブスと練習試合を行った。菊池涼介内野手(広島)のソロ本塁打で先制するも、4-6で敗戦。日本は6人の継投でワールドシリーズ王者に9安打6失点を喫したが、名将ジョー・マドン監督は「投手は全員好みだ」と絶賛し、特に1人の投手に「感銘」を受けたとMLB公式サイトが報じている。

カブスのジョー・マドン監督【写真:Getty Images】

計9安打6得点も…侍ジャパンの投手は「みんな大リーグでプレーできる」

 21日(日本時間22日)に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝に挑む野球日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日)、アリゾナ州メサでカブスと練習試合を行った。菊池涼介内野手(広島)のソロ本塁打で先制するも、4-6で敗戦。日本は6人の継投でワールドシリーズ王者に9安打6失点を喫したが、名将ジョー・マドン監督は「投手は全員好みだ」と絶賛し、特に1人の投手に「感銘」を受けたとMLB公式サイトが報じている。

 日本はこの試合、先発の藤浪4回4安打3失点で降板すると、その後は増井、松井、宮西、則本が1イニングずつ登板。増井が2失点、松井が1失点を喫したが、宮西、則本は無失点の好投だった。

 記事では、試合後にマドン監督が日本メディアから「メジャーリーグでプレーする用意が出来ている選手はいるか?」と聞かれ、「投手は全員好みだ。投手はみんな大リーグでプレーできる」と話したことを伝えている。なかでも、4番手でマウンドに上がった変則左腕について特筆。「特にマドンが感銘を受けたのは左腕、ナオキ・ミヤニシだ」という。

川崎も侍ジャパン相手に強烈な存在感、「守備と走塁に優れ、刺激を与える存在」

 宮西は7回から登板し、シーザーを空振り三振に仕留めると、デイビスにはレフト前ヒットを許したものの、ハップを一ゴロ、カンデラリオを左飛に打ち取っていた。小久保裕紀監督が、当初から外国人打者に対して有効な変則左腕として「ブルペンの軸」と考え、招集した宮西は、メジャーを代表する名将の目にも魅力的と映ったようだ。

 また、この試合ではカブスの「1番・遊撃」で先発した川崎も躍動。3打数1安打1四球、2盗塁、2得点の活躍で強烈な存在感を見せた。記事では「マドン監督は『彼はハビアー・カワサキだ』とハビアー・バエスを引き合いに出しながらカワサキに言及した」と紹介。現在、プエルトリコ代表の一員としてWBCに参戦しているスーパースター候補生のバエスと比較し、川崎のエネルギッシュなプレーを絶賛したという。

「彼は守備と走塁に優れ、刺激を与える存在だ。見てわかるとおり、今日の彼のプレーにはエネルギーが込められていた。私は彼にその実力を日本の人たちに見せてもらいたいと思っていたんだよ」

 川崎を1番でスタメン出場させるという“粋”なはからいの裏には、このような考えがあったという。ムードメーカーはその期待に見事に応え、開幕メジャー入りをアピールした。侍ジャパンにとっては世界一奪還へ向けての準備を進める貴重な1試合となったが、マドン監督にも多くの“収穫”があったようだ。

あなたにおすすめ