つなぐたすき ランナーが疾走

 「2017多摩川リバーサイド駅伝in川崎」が19日、川崎市幸区古市場の古市場陸上競技場を発着点に行われた。汗ばむ陽気の中、川を渡る風に吹かれながら約1400チームの約6300人のランナーがたすきをつないだ。

 市や市スポーツ協会、市教育委員会の主催。ショート(4区、10キロ)、キッズ・ファミリー(4区、6キロ)、ロング(5区、21キロ)の3部門に県内や首都圏から出場。新設されたショート、ロングの企業・職場対抗の部には400チーム超がエントリーした。

 2012年からは、東京電力福島第1原発事故の影響で地元での大会が中止になった福島県内の高校が参加。今年も県立福島西高校が招待チームとしてショート高校女子の部に出場した。NPO法人ピープルデザイン研究所の協力で、障害のあるボランティアスタッフ16人が給水活動でサポートした。

 家族とキッズ・ファミリーの部に出場した同市麻生区の40代の男性会社員は「家族5人で一つのことを成し遂げたかった」と話していた。

あなたにおすすめ