野菜や地鶏...会津の伝統食材を生かす 講習会で新メニュー

画像

 会津若松商工会議所醸造・食品製造部会(部会長・新城猪之吉末廣酒造社長)は16日、会津若松市の会津稽古堂で、旬の会津の伝統食材を使った料理講習会を開き、参加者が新メニューを学んだ。

 野菜や会津地鶏などの会津の伝統食材の振興を狙いに企画した。講師は下郷町にあるフランス料理「Chezやまのべ」のオーナーシェフ・山野辺宏さんが務めた。

 会津の雪中あさづき、くきたち菜、雪下キャベツ、会津地鶏、会津産米を使用。「会津地鶏のポワレくきたち菜のリゾット添え」「雪下キャベツのローストパルメザンの香り」など3品を調理した。

 参加者は料理方法やレシピ、出来たての味を学び、会津の伝統食材を使ったレパートリーを増やした。新城氏は「会津の伝統食材の振興を目指すとともに、磨き上げもしていきたい」と話した。

あなたにおすすめ