日本代表、練習試合サヨナラ負け

WBC準決勝前の最後の試合

画像
ドジャースにサヨナラ負けを喫し、ベンチに戻る松井(中央)ら=グレンデール(共同)

 【グレンデール(米アリゾナ州)共同】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4強に進出した日本代表は19日、米アリゾナ州グレンデールで大リーグのドジャースと練習試合を行い、2―3で逆転サヨナラ負けした。18日のカブス戦に続いて準決勝前の練習試合は2連敗となった。

 日本は先発の武田(ソフトバンク)が四回に適時打で1点を先制された。五回に同点とし、六回に中田(日本ハム)の適時打で勝ち越したが、2―1の九回に松井裕(楽天)が2点二塁打を許した。

 チームは試合後に準決勝の舞台となるロサンゼルスに移動した。

あなたにおすすめ