【J2熊本】悔しい初黒星 福岡に1-2 <第4節>

画像【熊本-福岡】後半21分、ゴールを決めチームメートと喜ぶ熊本の巻=レベルファイブスタジアム(小野宏明)

 明治安田J2第4節最終日は19日、各地で8試合を行った。ロアッソ熊本は福岡市・レベルファイブスタジアムで福岡に1-2で敗れ、今季初黒星を喫した。通算1勝2分け1敗となり、勝ち点5で12位に後退した。

 熊本は4-4-2の布陣で、前節負傷したDF小谷祐喜に代わりDF光永祐也を本職ではないセンターバックで起用。前半は早い出足で攻守に先手を取ったが、先制点は奪えず、0-0で折り返した。

 後半は、相手のカウンター攻撃を防いだ直後のCKで9分に失点。FW安柄俊(アン・ビョンジュン)を投入し、再び攻勢に出ると21分、DF片山奨典のゴールライン際からの折り返しをFW巻誠一郎が頭で押し込んで同点とした。

 しかし28分、相手FWの中央突破を阻むスライディングタックルを仕掛けたDF黒木晃平が「得点機会阻止」との判定を受け一発退場となった。数的不利となった隙をつかれ、31分、右サイドからのクロスボールを相手エースFWのウェリントンに頭で決められた。

 他会場は、湘南が1-0で愛媛を下し、得失点差で横浜Cを抑えて単独首位。千葉は1-3で松本に敗れて8位に後退した。

 熊本の次戦は26日午後1時から、えがお健康スタジアムでロアッソと勝ち点1差で10位の大分との“九州ダービー”に臨む。(樋口琢郎)

あなたにおすすめ