宇宙の情景、公募オケ「惑星」熱演 新潟・長岡リリックホール20周年

画像長岡リリックホール開館20周年を記念したメモリアルオーケストラの演奏会=19日、長岡市千秋3

 長岡リリックホール(長岡市千秋3)の開館20年を記念して一般公募で結成された「リリック・メモリアルオーケストラ」が19日、同ホールで演奏会を開いた。「ジュピター」の基となった組曲「惑星」などを熱演、観客約700人を魅了した。

 長岡市芸術文化振興財団が主催。メモリアルオーケストラは、市民オーケストラ「長岡交響楽団」メンバーを中心に昨年8月結成され、10~70代の89人が集まった。

 「惑星」は7曲から成る組曲で、「火星」「天王星」などの惑星を表現している。長岡まつり大花火大会のフェニックス花火でおなじみの「ジュピター」の原曲「木星」では、壮大な旋律を豊かな音で表現した。

 長岡市青葉台の主婦(59)は「美しい音楽を奏でるために市民が力を合わせた演奏だと感じた。素晴らしかった」と話した。

あなたにおすすめ