平祐奈:高校卒業祝福に満面の笑み 「高校生活より撮影が青春…」

画像映画「暗黒女子」の公開直前イベントに登場した平祐奈さん

 女優の平祐奈さんが20日、東京・原宿で行われた映画「暗黒女子」(耶雲哉治監督、4月1日公開)の公開直前イベントに役衣装の学生服姿で登場した。トークイベントで「学生時代」について聞かれた平さんは「6日前に、高校を卒業いたしました」と報告。共演の飯豊まりえさん、玉城ティナさん、小島梨里杏さんから「おめでとう!」と祝福され、満面の笑みを見せた。

 平さんは「撮影中は(共演者と)控室が一緒だったので、みんなでご飯を食べたり、食後にダンスをしたり」と明かし、「高校の生活より、映画の撮影のほうが青春を味わえました」とにっこり。映画は女子校が舞台になっており、小学校が女子校だったという平さんは「『ごきげんよう』というあいさつや、しぐさ、姿勢は通ずるものがあり、自然に演技ができたと思います」と振り返った。

 映画は、飯豊さんと清水富美加さんがダブル主演。イベントには耶雲監督も出席し、「撮影中、食後にスカートが入らない人がいたらしい」と暴露すると、飯豊さんは「食後、おなかが出てしまってスカートのホックが外れたまま、よく撮影していました」と苦笑で明かしていた。

 イベントの前には、飯豊さん、平さん、玉城さん、小島さんが役衣装のまま、原宿・竹下通りを歩いて映画をPRしたといい、飯豊さんは「いろいろな方が名前を呼んでくれたり、優しい言葉をかけてくださった。海外アーティストになれた気分でした」と振り返ると、平さんも「アイドルになれた気分でした」と笑顔で語っていた。

 「暗黒女子」は、秋吉理香子さんの同名小説が原作。セレブ女子高生たちが通う「聖母マリア女子高等学院」で、全校生徒の憧れだった白石いつみ(飯豊さん)が謎の死を遂げ、いつみが主宰する文学サークルの誰かが彼女を殺したといううわさが立つ中、いつみの親友だった澄川小百合(清水さん)がサークルの会長となり、「いつみの死」をテーマにした部員自作の物語を朗読する定例会で、それぞれが“犯人”を告発していく……というストーリー。

あなたにおすすめ