本県出身初、五輪サッカー出場 興梠選手たたえ記念碑

本県出身のサッカー選手として初の五輪出場をたたえ完成した記念碑と興梠慎三選手=20日午後、宮崎市・生目の杜運動公園

 昨夏のリオデジャネイロ五輪男子サッカーに、本県出身者として初出場した宮崎市出身のFW興梠慎三選手(30)の功績をたたえる記念碑が完成し20日、宮崎市生目の杜運動公園で除幕式があった。興梠選手や、高校時代に指導した鵬翔高サッカー部総監督の松崎博美さん(66)らが出席し、完成を祝った。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。