JFLへ決意新た アミティエSC京都が新体制

©株式会社京都新聞社

シーズン開幕へ意気込みを語ったアミティエSC京都の選手ら(京都テルサ)

 日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指す関西リーグ1部のアミティエSC京都はこのほど、新体制を発表する「キックオフミーティング」を京都市南区の京都テルサで行った。2季目となる草木克洋監督や新加入の12選手らが、4月16日開幕の新シーズンへ意気込みを語った=写真。

 今季は守備ラインの強化を主眼に、即戦力も補強。J3やJFLなどから9人、大卒新人が3人加わった。

 ユニホーム姿の選手計25人が出席。草木監督は「チームスローガンの『魂』を胸に刻みながら、全身全霊戦い、感動を伝えたい」と誓った。主将は昨季に続き、MF守屋鷹人が務める。今季ゲーム主将となったMF清水良平は「アミティエに関わるすべての人で一丸となり、全員で昇格しましょう」とあいさつし、最後にサポーターと一緒に勝ちどきを上げて締めくくった。

あなたにおすすめ