【ミャンマー】ブレッドトークが1号店、ヤンゴン新商業施設に今週[食品]

シンガポールの飲食大手ブレッドトーク・グループは17日、25日にミャンマー最大都市ヤンゴンの商業施設に同国1号店を開業すると発表した。昨年フランチャイズ(FC)権を与えた先の、ミャンマーの大手財閥シュエ・タウン・グループ(STG)が中心部に開発した「ジャンクション・シティー」の商業施設の開業に合わせて店を開く。

STGの子会社ジャンクション・センター・グループはヤンゴン中心部で商業施設やオフィスビル、5つ星ホテルから成る複合施設「ジャンクション・シティー」を開発。ブレッドトークは昨年、ミャンマーにおけるマスターFC権を同じSTG傘下のミャンマー・ベーカリーに付与していた。

ブレッドトーク・グループはシンガポール、中国、香港、インドネシア、タイ、中東など16カ国・地域で、「ブレッドトーク」を約800店展開。中華料理「鼎泰豊(ディンタイフォン)」、ラーメン店「ラーメン・プレイ」、フードコート「フードリパブリック」、ファストフード「カールズジュニア」などのブランドも持つ。

あなたにおすすめ