【タイ】タイビバ、ミネラルウオーター市場に参入[食品]

タイの酒造最大手タイ・ビバレッジは、「チャーン(ゾウ)」ブランドのボトル入りミネラルウオーターの販売を開始した。20日付ポストトゥデーが報じた。

スリムなグリーンのボトルを使用して高級感を打ち出した製品で、販売価格は1本10バーツ(約32円)。コンビニエンスストア「セブン—イレブン」で販売している。

タイビバは2020年までに非アルコール飲料の売上高比率を50%に引き上げる目標を打ち出している。昨年末には新ブランドのソーダ水「ロックマウンテン」を発売したほか、出資しているベトナム乳業最大手のビナミルクがタイで乳製品の販売を開始した。ミネラルウオーター市場への参入で、目標の早期達成を目指す考えだ。

「オーラ」ブランドのミネラルウオーターを製造・販売するティプコ・フーズによると、国内のミネラルウオーター市場は25億~30億バーツ規模で、年15~20%のペースで成長を続けている。シェアトップはスイス系食品大手ネスレ(タイ)の「ミネレ」で33%。「オーラ」は2位の30%。消費財大手サハの「モンフルール」、ビール大手シンハの「ピューラ」がこれに続く。

あなたにおすすめ