ブランド米使用 新酒を楽しむ会 川場で50人味わう

画像雪ほたかを原料にした日本酒の新酒を楽しむ参加者

 群馬県川場村の永井酒造(永井則吉社長)と「雪ほたか」(小林政幸社長)は15日夜、同村のブランド米を原料にした日本酒「水芭蕉(みずばしょう)雪ほたか純米大吟醸」の新酒を楽しむ会を同酒造で初めて開いた。

 米生産者ら約50人が、大自然が育んだ米で造られた酒を味わった。

あなたにおすすめ