JR鉄道事業見直し、国の支援 重要性指摘 上川期成会、道などと意見交換

画像JRの鉄道事業見直しに関して話し合った上川地方総合開発期成会と道の意見交換会

 JR北海道の鉄道事業見直しに関し、上川地方総合開発期成会(会長・西川将人旭川市長)と道、民進党との意見交換会が20日、それぞれ旭川市内のホテルで開かれた。道は鉄道ネットワークワーキングチームの報告内容を説明、自治体側からは、道に主導的な役割を求める声のほか「沿線自治体での議論を進める時期だ」との指摘もあった。

 期成会と道の意見交換は非公開で、上川管内23市町村から市町村長、議会議長ら、道からは荒川裕生副知事らが出席した。荒川副知事は冒頭、「今後、地域と道の密接な連携が必要で、道は中心的な役割を果たさなければならない。今日が一つのきっかけになれば」と協力を呼びかけた。

あなたにおすすめ