会津彼岸獅子、優雅な舞 鶴ケ城本丸でも披露

画像

 会津地方に春の訪れを告げる会津彼岸獅子は20日、会津若松市内で繰り広げられた。市民らが三匹獅子舞を楽しみ、家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を願った。

 鶴ケ城本丸では天寧獅子団の太夫、雄、雌の三匹獅子が太鼓や笛の演奏に合わせて優雅な舞を踊った。「弓くぐり」なども披露した。観光客らは春の日差しを受けながら、伝統の舞に見入っていた。同獅子団は市内の阿弥陀寺も訪れた。

 市内では小松獅子団も本町通り、市役所通りなどで獅子舞を演じ、観衆を魅了した。

あなたにおすすめ