<底力サイタマ>ブレーキの「踏み間違い」事故減らせ/ナンキ工業

画像

 高齢者による自動車の「アクセルとブレーキの踏み間違い」事故が増えている。ナンキ工業(川口市)の南平次社長(77)は、「事故を減らす一助になれば」との思いから、踏み間違い事故防止装置「STOPペダル」を開発した。アクセルペダルにブレーキ機能が付いたもので、アクセルを力強く踏み込むと、ブレーキが掛かり減速する構造だ。メーカーと協力しながら、実用化向けに動いている。

■一定の力で作動

 「STOPペダル」は、アクセルとブレーキ本体を連結させたもの。自動車のアクセルペダルを外し、ブレーキアームの中ほどに付け替える。アクセルペダルを、設定した一定の範囲を超える力で強く踏み込むと、ブレーキが作動する仕組みだ。アクセルペダルに装着した調整ネジが開き、アクセルの機能が解除。同時に連結しているブレーキに掛かったロックが解除され、ブレーキペダルを押し込む。

 ペダルを踏み込む力は人それぞれ。ブレーキ機能を作動させるための踏み込み強度、機能を作動させるための踏み込み範囲の調整は、アクセルペダルに取り付けられたつまみで調節できる。

 装置は、間違えてアクセルを踏み込んでも、その力がブレーキに掛かるようになっている。そのため「センサーや電子機器と違い、装置そのものに誤動作する余地はないので、安全な装置だと思う」(南社長)。装置は2013年に「アクセルペダル誤動作解消装置」の名称で特許を取得している。南社長自身も自家用車に取り付けていて、「車検も通っている」と話す。

■6年改良重ねる

 10年秋、テレビで高齢者らがアクセルとブレーキの踏み間違いで起こす自動車事故が多発しているのを知ったのが開発のきっかけ。「踏み間違いを防止する装置を開発したい」と、番組を見た翌日から、取り掛かった。

 開発当初から「『自分なら作れるのではないか』と思っていた」という。これまで経営していたLPガス販売店や自動販売機の設置会社時代に、手掛けた機械修理で身に付けた実務の技術があるからだ。開発開始から約半年で「STOPペダル」の試作品を製作。その後約6年、改良を重ね完成品に仕上げた。

 苦労した点は「運転席の狭い足元のスペースに取り付けられるように、装置を小さくすること」「各車種で使えるよう、汎用性を持たせること」だった。そして「アクセルを踏んで、ブレーキが掛かるようにするための構造を作り上げるまでに苦労した」と振り返る。

■実用化へ課題も

 現在、装置の機能を多くの人に知ってもらおうと、試乗会を行っている。参加者からよく聞かれるのは「緊急時に高齢者はペダルを強く踏むか」「高速道路や上り坂などアクセルを強く踏む時に、装置が作動することはあるのか」の二つだ。

 高齢者が強く踏めるかどうかは「踏み間違い事故をした知人が『とても強く踏んだ』と話していた」という。高速道、坂道については「教習所で習った通りの運転をすれば、作動しない」と語る。

 事故の多発で、全国の自動車修理工場からの問い合わせが増えた。高齢ドライバーの家族からも連絡があるという。南社長は「早く実用化したい」と話すが、課題がある。製造物責任(PL)法などだ。現在、自動車部品メーカーと、量産に向けて話を進めている。「期待に一日も早く応えたい」  70代になってからの開発。「世の中のためになるものを作るのが夢だった」という。夢は「STOPペダル」が量産されることで実を結ぼうとしている。そして「使用者には装置に頼らず、安全運転を心掛けてほしい」と安全運転への思いを繰り返した。

あなたにおすすめ