韓国の朴前大統領、検察に出頭 収賄容疑で取り調べへ ほか

10時トップ5ニュース

1. 韓国の朴前大統領、検察に出頭 収賄容疑で取り調べへ

画像 朴槿恵前大統領のソウル中央地検への出頭を前に、自宅周辺で警備にあたる警察官=21日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵前大統領は21日、親友の崔順実被告と共謀し、サムスングループから巨額の賄賂を受け取ったとの収賄容疑などで取り調べを受けるため、ソウル中央地検に出頭した。1987年に改正された現行憲法下で検察に出頭を求められた大統領経験者は4人目。朴氏は憲法裁判所に罷免され不起訴特権を失っており、捜査は大詰めを迎えた。

 朴氏は大統領府を退去した12日、側近議員を通じ「真実は必ず明らかにされると信じている」と表明しており、容疑を否認するとみられる。

 地検は朴氏を聴取した後、いったん帰宅させてから逮捕状請求の必要性を検討するとみられる。

2. 日仏首脳、原子力協力推進 米英と4カ国で防衛演習

画像 共同記者発表を終え、握手するフランスのオランド大統領(右)と安倍首相=20日、パリ(共同)

 【パリ共同】安倍晋三首相はフランス・パリの大統領府で20日夜(日本時間21日未明)、オランド大統領と会談し、民生用原子力の研究開発で協力を進める方針で一致した。会談後の共同記者発表で首相は、防衛分野で日仏米英の4カ国が合同演習を実施すると明かした上で「意義深い」と歓迎した。海洋進出を強める中国が念頭にあるとみられる。

 両首脳は、トランプ米大統領の登場で保護主義の傾向が世界で強まっている状況を受け、自由貿易推進の重要性を確認。日本と欧州連合(EU)による経済連携協定(EPA)締結交渉の早期妥結に向け、連携することも申し合わせた。

3. ロシアとトランプ側の関係調査 FBI長官、盗聴は否定

画像 米下院の公聴会で証言するコミーFBI長官=20日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑を巡る米下院情報特別委員会の公聴会が20日開かれた。連邦捜査局(FBI)のコミー長官が証言し、共和党候補だったトランプ大統領の陣営とロシア側との間に結託があった可能性について調査していると認めた。

 公聴会にはコミー氏のほか、国家安全保障局(NSA)のロジャーズ局長も出席。米情報当局トップが、大統領選干渉疑惑に関して議会証言を行うのは1月のトランプ政権発足以来、初めて。

 コミー氏は、選挙中にオバマ前政権に電話を盗聴されたとするトランプ氏の主張については「(主張を裏付ける)情報はない」と否定した。

4. 英首相、EU離脱を29日に通知 交渉開始へ

画像 英国のメイ首相(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英首相報道官は20日、メイ首相が29日に欧州連合(EU)に離脱を通知すると述べた。英メディアが一斉に伝えた。通知を受けて、EU側は首脳会議で交渉方針を決定、原則2年間とされる離脱交渉がスタートする。

 英国のEU離脱は昨年6月の国民投票で決定。交渉では、未払い拠出金の扱いなどの離脱条件や、英国とEUの自由貿易協定(FTA)など「将来の関係」について協議する。論点は複雑で多岐にわたり、双方にとって厳しい交渉となりそうだ。

 英政府は20日、ブリュッセル駐在の英国のEU代表を通じてEU側に29日に通知すると伝えた。

5. 内田康夫さんが休筆宣言 作品書き継ぐ作家募集

画像 内田康夫さん

 「浅見光彦シリーズ」で知られる人気作家の内田康夫さん(82)が、21日付で小説の休筆を宣言した。2015年7月に脳梗塞で倒れ、毎日新聞夕刊で連載していた「孤道」は同年8月12日、204回で中断していたが、書き続けることが難しくなったとして未完のまま出版、同作の完結編を公募することも発表した。

 内田さんは「左半身にマヒが残りました。以降リハビリに励みましたが思うようにはいかず、現在のところ小説を書き続けることが難しくなりました」などとするメッセージを公表した。

 問い合わせのメールアドレスは、kodo@mainichi.co.jp

あなたにおすすめ