四国中央市議会報酬増「賛成」14人中13人 市民グループ質問書に回答

 愛媛県四国中央市議会が審議している議員報酬の増額案に対し、市民グループ「公平・公正な四国中央市を目指す会」(後藤昭代表)は20日、市議全員に送付していた質問書への回答結果を明らかにした。返信したのは22人中15人(うち7人は会派で回答)、公表に同意した14人中13人(会派回答を含む)が増額に賛成の意向を示した。

 賛成理由は、公平公正に(特別職報酬等審議会により)十分吟味・審議された答申▽議員の責任範囲も増え活動費用も増大している—など。反対では、市民感情として理解は得られにくい—などを挙げている。

あなたにおすすめ