魚津にコワーキングスペース 4月上旬から

画像

 起業を希望する人と支援する人の交流の場となるコワーキングスペース「machi−co(まちこ)」が4月上旬、魚津市中央通りの中央通り名店街にオープンする。21日、関係者向けの内覧会が同所で行われた。市内で初めての創業支援の場に、幅広い利用者が起業の拠点として使うことが期待される。

 起業を促進し、地域を活性化させようと市が計画。市内の企業に運営を委託した。名店街の空き店舗を活用し、県と市が150万円ずつ負担したほか、店舗所有者も協力し改修した。

 施設は約70平方メートル。常駐するスタッフと起業について相談する場や利用者同士の交流スペースのほか、自由にオフィスワークができる席も用意した。

あなたにおすすめ