2月の粗鋼生産は0.1%減

需要基調変化なく

©一般社団法人共同通信社

 日本鉄鋼連盟が21日発表した2月の粗鋼生産量は、前年同月比0.1%減の833万9千トンとなり、小幅ながら3カ月ぶりの減少となった。鉄鋼連盟は「昨年はうるう年で日数が多かったことが影響した。建設や自動車向けの需要は底堅く、実質的な基調に変化はない」と分析している。

 2020年に東京五輪を控え、鉄鋼業界では建設需要の高まりが期待されている。鉄鋼連盟は「鉄筋コンクリートなどの需要は今後さらに増える見通しだ」とみている。

 2月の鋼種別の生産量は、自動車の車体や建材などに幅広く使われる普通鋼が、0.1%減。強度を高める処理などを施した特殊鋼は0.1%増。

あなたにおすすめ