沖縄国際映画祭:過去最大規模で4月に開催 さんま初プロデュースのドラマも上映

画像「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会の様子

 今年で9回目を迎える「沖縄国際映画祭」の概要が21日発表され、4月20~23日に開かれることが明らかになった。

 正式名称は「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」。会場数は過去最大規模となる12市町村で20カ所以上での開催を予定している。明石家さんまさんの初プロデュース作でジミー大西さんの半生をドラマ仕立てで描いた「Jimmy アホみたいなホンマの話」など90本近い作品が上映される予定で、21日に開かれた概要発表会には、ジミーさんを演じた中尾明慶さん、さんまさん役の小出恵介さんらのほか、ジミーさん本人も駆けつけた。

 沖縄国際映画祭は、映画、音楽、ファッション、お笑いなど各種エンターテインメントを融合させたイベントで「Laugh&Peace」をコンセプトに、2009年から開催されている。

あなたにおすすめ