プエルトリコ、リベラ弾で勝ち越し 蘭バンデンは2回までに3失点の苦しい投球

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、2回にプエルトリコがT・J・リベラ(メッツ)のソロで勝ち越した。

画像第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、2回にプエルトリコがT・J・リベラ(メッツ)のソロで勝ち越した。

同点の2回に勝ち越しソロで逆転に成功

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、2回にプエルトリコがT・J・リベラ(メッツ)のソロで勝ち越した。

 2-2の同点で迎えた2回、プエルトリコは先頭バエスがレフト前ヒットも、ロサリオは併殺打で2死走者なし。しかし、続くリベラは、オランダ先発バンデンハーク(ソフトバンク)の直球を捉えた。レフトスタンドでライナーで飛び込むソロ。1点を勝ち越した。

 オランダは初回にバレンティンの2ランで先制も、直後にバンデンハークがコレアに同点2ランを浴びていた。バンデンハークは2回までに5安打3失点とメジャーリーガーが並ぶ打線に苦戦している。

あなたにおすすめ