蘭バレが先制2ランも…直後にプエルトリコのコレアがバンデンから同点2ラン

©株式会社Creative2

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、初回に2点を先制されたプエルトリコがすぐに同点に追いついた。

本塁打を放ったオランダ代表のウラディミール・バレンティン【写真:Getty Images】

すぐに振り出しに戻す、アストロズのスター選手が今大会3本塁打目

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、初回に2点を先制されたプエルトリコがすぐに同点に追いついた。

 オランダが1回表にバレンティンの2ランで先制。しかし、プエルトリコは直後の攻撃で1死からリンドアがツーベースで出塁。続くコレアがオランダ先発のソフトB・バンデンハークの121キロのカーブをフルスイングし、左中間スタンドへ運んだ。

 アストロズで正遊撃手を務めるスター選手は、これが今大会3本塁打目。強豪国との対戦の連続ながら6連勝と波に乗って準決勝に進出してきた前大会準優勝国が、あっという間に試合を振り出しに戻した。

あなたにおすすめ