侍Jが決勝進出なら史上初全勝対決に プエルトリコ監督は「どちらでもいい」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝第1試合が20日(日本時間21日)、ドジャースタジアムで行われ、プエルトリコがオランダをタイブレークの末に4-3で破り、2大会連続の決勝進出を決めた。4時間19分に及ぶ延長11回の死闘をサヨナラ勝ちで制したエドウィン・ロドリゲス監督は「素晴らしい試合だった」と勝利の余韻に浸る一方、21日(同22日)の準決勝第2試合で戦う侍ジャパンとアメリカにエールを送った。

画像プエルトリコ代表のエドウィン・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】

22日の侍J-米国戦は好試合期待「素晴らしい試合をしてほしいと本気で願っている」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝第1試合が20日(日本時間21日)、ドジャースタジアムで行われ、プエルトリコがオランダをタイブレークの末に4-3で破り、2大会連続の決勝進出を決めた。4時間19分に及ぶ延長11回の死闘をサヨナラ勝ちで制したエドウィン・ロドリゲス監督は「素晴らしい試合だった」と勝利の余韻に浸る一方、21日(同22日)の準決勝第2試合で戦う侍ジャパンとアメリカにエールを送った。

 序盤から中盤にかけて逆転に次ぐ逆転となった試合は6回以降、投手戦となった。3-3で突入した延長11回にようやく決着。無死一、二塁で始まるタイブレーク制でモリーナがバントを決め、バエスの敬遠で満塁に。最後はロサリオのサヨナラ犠飛で競り勝った。指揮官は試合後、「基本的な野球を上手にプレーできたことが、今日勝てた理由だ」と振り返った。

 ロドリゲス監督は前回大会もチームを決勝に導きながらドミニカ共和国に敗れて涙をのんだ。雪辱を期した今大会は1次ラウンド、2次ラウンドと全勝で勝ち上がり、7連勝で決勝へ駒を進めた。これで全勝優勝に王手をかけた形だ。

米国と日本は「とても似ている」

 大一番の相手は侍ジャパンとアメリカの勝者となる。指揮官は記者会見で「アメリカと日本は全く違うが、とても似ている」と独特の言い回しで分析。アメリカについて「強力なラインアップで、とても力強い投球をする。素晴らしい救援陣を擁し、様々な勝ち方ができる。彼らは相手を圧倒でき、ヒットエンドランができ、守ることもできる」と話す一方、日本についても「練習を重ねてきているので、大会で常に素晴らしいプレーができる。とても基本に忠実な野球をする。彼らは自滅しない。だから、こちらも本当に倒さなければならない」と警戒した。

「だから水曜(22日=日本時間23日)の決勝で対戦したいチームはないし、明日(21日=同22日)はどちらが勝っても、戦う準備はできている」

 そう続けた指揮官は「明日は素晴らしい試合をしてほしいと本気で願っている」と両国にエールを送った。

 侍ジャパンが決勝に勝ち上がれば、史上初の“全勝対決”が実現する。準決勝を突破するのは悲願の初Vを目指すアメリカか、2大会ぶり3度目のV奪還を狙う侍ジャパンか――。プエルトリコを率いるロドリゲス監督も好ゲームを期待している。

あなたにおすすめ