日米FTA交渉拒めず

甘利氏、TPP合意内で要求

画像
インタビューに答える甘利明前経済再生相

 政府を代表して各国と環太平洋連携協定(TPP)交渉を取りまとめた甘利明前経済再生担当相は22日、トランプ米政権が日米2国間の自由貿易協定(FTA)交渉を求めてくれば日本は拒めないとの認識を示した。その上で、米側が自動車や農業の市場開放で過大な要求をしてきた場合は「与党の理解を得られず、国会は通らない」と述べ、TPPで合意した枠内での交渉を求めた。

 甘利氏は今月上旬、超党派議員団の一員として訪米し米議員らと会談した。22日に共同通信のインタビューに応じ、日米関係の展望を語った。

あなたにおすすめ