ロンドン、死亡警官に人工呼吸

軍出身の英下院議員

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】22日に起きたロンドンの国会議事堂周辺での襲撃事件で、犯人に刺され、倒れて血を流す警官を助けようと、口移しで人工呼吸を試みた英下院議員に称賛の声が上がっている。

 外務政務官(中東アフリカ担当)を務める保守党のトビアス・エルウッド下院議員(50)。救急隊員が到着するまでの間、警官に付き添い、自らの顔や手に血が付くのも気にせず、胸に手を当てて人工呼吸を行った。警官は努力のかいなく死亡した。

 エルウッド議員は軍出身で、2002年のインドネシア・バリ島での大規模テロで兄弟を亡くしたという。

あなたにおすすめ