皇太子ご一家、長野で静養入り

春の恒例

静養先の長野県北部のホテルに向かうためJR長野駅に到着し、出迎えた人たちに手を振られる皇太子ご一家=27日午後(代表撮影)

 皇太子ご一家は27日、北陸新幹線で長野県を訪れ、静養に入られた。県北部のホテルに数日間滞在し、スキーなどを楽しむのが毎年春の恒例となっている。

 雅子さまは療養生活が続いており、宮内庁は「静かな環境を確保するため」として、具体的な滞在先や期間を報道しないよう要請している。

 この日は午後に長野駅に到着。駅には約400人が詰め掛け、今月22日に学習院女子中等科を卒業した長女愛子さまは、「おめでとうございます」と祝福され、笑顔で手を振って応えていた。

あなたにおすすめ