38歳、前夫に貯蓄を取られ。4人の子どもの教育費は?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、再婚し、4人のお子さんの子育てに奮闘する30代の会社員女性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します

教育費を考えると貯蓄はまだ不足気味なのですが……

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、再婚し、4人のお子さんの子育てに奮闘する30代の会社員女性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。

相談者

ゆきさん

女性/会社員/38歳

大阪府/持ち家一戸建て

家族構成

夫(会社員/35歳※単身赴任)、子ども4人(私立高校1年、公立中学2年、公立小学校5年、保育園0歳児)

相談内容

数年前に離婚。3人のこどもの学資保険も貯蓄も、すべて前の夫に取られてしまいました。その後、必死で就職活動、仕事をし、今の夫と出会い再婚。4人目が産まれました。2年前に新築したため、貯蓄も大幅に減りました。相談は、貯蓄が少ない中、上の3人の子供たちの大学費用が賄えるのか。年収があっても奨学金は借りられるのか。その他 気を付けたいリスクを教えていただきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

家計収支データ

「ゆき」さんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)ボーナスの使いみち(昨年の例)

新車購入 110万円(貯蓄から別途150万円)

出産費用・ベビー用品 30万円

お祝いお返し 10万円

第一子の高校入学準備 65万円

第二子の中学入学準備 15万円

第三子の部活動費合宿代等 5万円

車税金(2台)7万円

車保険(2台)7万円

車検(1台)10万円

固定資産税 8万円

(2)住宅ローンの内容

変動金利、0.875%

平成25年9月返済開始、35年ローン

2600万円借り入れ

(3)保険料の内訳

・子(4番目)/学資(10歳払い済み、満期金1000万円)=保険料7万円

・夫/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円、三大疾病特約50万入院給付、先進医療付)=保険料2295円/月

・夫/家計保障定期(55歳払い55歳まで保障、月15万円)=保険料3044円

・夫/個人年金保険(60歳払い60歳から10年確定、年金額30万720円)=保険料6667円

・妻/家計保障定期(50歳払い50歳まで保障、月15万円)=保険料1491円

※妻も職場復帰次第、個人年金加入予定。

また、福利厚生で本人・家族が入院した場合、月2万以上は会社負担制度あり

(4)子どもの進路

2番目以降のお子さんについては原則高校まで公立。大学も国公立を希望。ただし、地方大学に進学した場合、仕送りはしたいと考えている。

(5)定年と再雇用制度について

ご夫婦ともに定年は60歳、65歳まで再雇用あり。現在再雇用で年収400~500万円。

(6)妻の復帰後の収入

手取りで月33万円の予定。また、夫婦とも昇進の可能性があり、その場合は世帯年収2000万円超になる予定。

FP深野康彦からの3つのアドバイス

アドバイス1 4人の教育費は十分用意が可能

アドバイス2 奨学金利用は「最後の手段」と考えよう

アドバイス3 老後資金づくりは確定拠出年金を活用

アドバイス1 4人の教育費は十分用意が可能

ご心配の教育費ですが、結論から言えば、お子さん4人分、しっかり用意できると思います。

現在の貯蓄ペースで毎月の収入から約10万円。また、昨年はボーナスから貯蓄ができませんでしたが、支出の多くを占めたのは、新車購入の代金や出産関連費用、入学費用など、毎年発生しない、いわばイレギュラーなもの。したがって、今後は少なくとも150万円程度は貯蓄に回せると考えていいでしょう。すると年間の貯蓄ペースは270万~300万円。3人目のお子さんが大学に入学するのが7年後。それまでに2000万円貯められることになります。

1~3人目のお子さんの大学にかかる費用を仮に500万円とすれば計1500万円。1人目のお子さんは私立高校ですが、2人目、3人目のお子さんが高校まで公立なら十分足りる金額を、今ある貯蓄に手を付けることなく用意できます。

また、4人目のお子さんに関しては、すでに満期金1000万円の学資保険に加入されている。したがって、こちらの教育費もほぼ心配しなくていいということになります。

加えて言うなら、ご相談者は現在、育児休業中で、復帰すれば10万円ほど手取り月収が増える。さらにご夫婦とも昇進の可能性があり、世帯年収が2000万円超になるとのことですから、これも大きなプラス要因です。

アドバイス2 奨学金利用は「最後の手段」と考えよう

現金が少ないということが、ひとつ心配の要因かと思います。確かに、大学入学後は卒業まで毎年まとまった支出が発生します。しかし、同時に収入も貯蓄ペースも十分高いのですから、大きく減った分がすぐにカバーできる。それが、この家計の強みです。「使いながら、貯めながら」というお金の流れだと考えてください。

もちろん、何が起こるかわかりません。何らかの理由、事情で収入ダウンとなってしまう可能性もゼロではないでしょう。とは言え、ご相談にある「奨学金の利用」は最後の手段と考えてほしいと思います。奨学金利用にも利点はありますが、それ以上にお子さんが抱える負担が大きい。社会に出る前から数百万円の負債を背負うのです。できれば利用しない、したとしてもできる限り少額にとどめるということが大切でしょう。

ちなみに奨学金の利用条件はご質問にあるように、収入の制限があります。日本学生支援機構へ大学入学前に申し込む場合、無利息の第1種で目安となる世帯年収(控除前所得)が896万円以下、上限3%の利息が発生する第2種で1274万円以下(給与所得者でかつ5人世帯の場合。世帯人数が増えるほど上限幅が高くなる)となっています。現時点では、第2種なら利用が可能ということになります。

アドバイス3 老後資金づくりは確定拠出年金を活用

先の試算は、あくまで「貯蓄ペースが維持される」ことが条件になります。家計管理がおろそかになり、支出が無駄に膨れ上がれば、教育資金づくりはきびしくなるかもしれません。ただ、ご相談者は過去にいろいろ不遇があり、お金の面で苦労されています。それをここまで立て直したのですから、その点は心配ないでしょう。

家計管理についても、節約を徹底すれば、もっと貯蓄ペースは上がります。しかし、収入も高く、まとまった額の貯蓄ができている。細かい部分は気にせず、それよりも、仕事を持ち、お子さん4人を育てていかなくてはならないのですから、健康管理を優先することが重要。病気やケガが家計の最大のリスクと言えるでしょう。また、ストレスをためないよう、適度にお金を使う、家族で楽しむといった工夫をしながら、家計管理をしてみてください。

最後に保険でひとつ、ご相談者が職場復帰後に個人年金保険に加入したいとのことですが、私は不要だと思います。老後資金を貯めるなら、それ用に定期預金をすれば十分でしょう。あるいは、職場で確定拠出年金を活用(なければ個人型)して、節税の恩恵も受けながら老後資金づくりをした方がはるかに効率的だと考えます。

教えてくれたのは……

深野 康彦さん

業界歴26年目のベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/清水京武

(文:あるじゃん 編集部)

©株式会社オールアバウト

Curated by

So-net

So-net