将棋の佐藤名人がソフトに敗北

タイトル保持者初、電王戦第1局

画像
将棋の第2期電王戦第1局でコンピューターソフト「PONANZA」に敗れた佐藤天彦名人=1日午後、栃木県日光市の日光東照宮

 将棋プロ棋士の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA」の2番勝負、第2期電王戦の第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で行われ、71手で後手の佐藤名人が敗れた。公の場で、タイトル保持者がソフトに敗れるのは初めて。

 名人は七大タイトルの中で最も伝統がある。タイトル保持者とソフトの対局は2007年の渡辺明竜王以来で、この時は渡辺竜王が勝利した。プロ棋士とソフトが対戦する電王戦は12年に始まり、タイトル保持者の出場は今回が初めてだった。これで、電王戦の対戦成績はソフトの13勝5敗1引き分けとなった。

あなたにおすすめ