五輪警備の基本戦略策定

24時間態勢の調整センター設置

©一般社団法人共同通信社

記者会見する菅官房長官=3日午前、首相官邸

 2020年東京五輪・パラリンピックの安全確保に向け、政府が大会期間中の警備に関する指針とする「警備基本戦略」を策定したことが3日、分かった。24時間態勢で関係機関からの情報集約と連携を担う「セキュリティ調整センター」を内閣官房に設置することが柱。安倍晋三首相が本部長を務める大会推進本部の会合を4日に開いて確認する。複数の政府関係者が明らかにした。

 基本戦略では、競技会場や選手村の安全を確保するため「大会組織委員会と緊密に連携し、上空などからの警戒監視を強化する」とした。

あなたにおすすめ