リアル過ぎるムカデロボ

シンプルが鍵、大阪大など開発

画像
ムカデ型ロボット「i―CentiPot」と大須賀公一大阪大教授=4日午後、大阪府吹田市の大阪大

 市販のモーターを使うシンプルな構造でありながら、自然環境の中でモゾモゾと生々しく動くムカデ型ロボット「i―CentiPot」を大阪大と岡山理科大、東北大のチームが開発し、4日発表した。

 長さ約1.3メートル。ミニ四駆などに用いるモーターにスイッチを入れると、柔らかな樹脂製の小さな左右の脚(計32個)が回転して前進する仕組み。でこぼこした屋外の地面を本物のムカデのようにはい、石など乗り越えられない障害は避けて通る。

 ロボットが自然環境で自在に動くには、膨大な情報や計算が必要と思われがちだが、複雑なセンサーやコンピューターは一切使っていない。

あなたにおすすめ