男性が電車に飛び込み窓破る

東武東上線、命に別条なし

©一般社団法人共同通信社

 6日午後1時50分ごろ、東京都板橋区徳丸2丁目の東武東上線東武練馬駅で、通過しようとした小川町発池袋行き快速電車に、19歳の男性会社員がホームから飛び込んだ。男性の上半身が運転席の窓ガラスを突き破り、骨折などの重傷を負ったが、会話もできており命に別条はないという。

 警視庁高島平署によると、男性はホームの端から飛び込んだといい、自殺を図ったとみられる。運転士も腕や肩を打って軽いけが。同署幹部は「ホームを通り過ぎる電車と衝突しても助かったとは」と驚いていた。

 東武東上線は約1時間20分運転を見合わせ、上下計34本が運休するなど約9千人に影響した。

あなたにおすすめ