ヤクザ目線で学ぶ共謀罪

山口組元顧問弁護士、8日に講演

画像「共謀罪」法案の審議入りに抗議する集会で、プラカードを掲げる人たち=6日夕、東京・日比谷野外音楽堂

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案などについて、指定暴力団山口組の顧問弁護士として知られた山之内幸夫氏(70)が解説する講演会が8日、大阪市内で開かれる。

 タイトルは「ヤクザと刑事弁護」。日本の刑事司法の問題点を考える連続セミナーの一環として企画された。日本で導入された場合に考えられる使われ方や犯罪の計画段階で摘発する危うさなどを分析。山口組の分裂問題にも触れる。

 講演会は8日午後1時半から大阪市中央区大手前1の3の49、大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)で。会費千円。

あなたにおすすめ