「築地改修案734億円」

都チーム座長、業者に説明

築地市場で業者との意見交換会を開いた東京都の市場問題PTの小島敏郎弁護士=8日午後、東京都中央区

 豊洲市場への移転を巡る諸問題を検証する東京都の市場問題プロジェクトチーム(PT)の小島敏郎弁護士らが8日午後、築地市場で業者との意見交換会を開き、豊洲に移転せず、築地を改修する場合「総事業費は約734億円で可能」とする案などを説明した。豊洲については建物を解体し、市場用地を約3200億~約4370億円で売却できるとした。

 都によると、意見交換会はPTの座長を務める小島氏が市場問題の調査の一環として発案。同氏は業者に、移転の可否について「小池百合子知事が最終的に判断する。築地の改修は可能で(移転と改修の両案を示し)知事の判断材料をつくる」と述べた。

あなたにおすすめ