トピック高校野球

高校野球 鹿町工が初V

画像

 第140回九州地区高校野球県大会最終日は9日、長崎市の県営ビッグNスタジアムで決勝が行われ、鹿町工が佐世保実を4-2で破り、初優勝を飾った。

 鹿町工は初回、1死二塁から森田の適時二塁打で先制。三、五、七回にも森田が適時打を放ち、リードを広げた。先発の讃岐は9安打を浴びながらも、2失点で完投した。

 佐世保実は七回に白濱の適時打、九回には前田の犠飛でそれぞれ1点ずつ返したが、及ばなかった。

 優勝校は九州大会(22~27日・沖縄)に出場。組み合わせ抽選会は13日に行われる。

あなたにおすすめ