介護法案の採決を与党強行

衆院委、森友質問に反発

©一般社団法人共同通信社

介護保険関連法改正案を賛成多数で可決した衆院厚労委=12日午後

 高所得者の介護サービス利用の自己負担を3割に引き上げることを盛り込んだ介護保険関連法改正案は12日の衆院厚生労働委員会で、自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数により可決された。与野党は14日採決で実質合意していたが、民進党が改正案と関係のない森友学園問題を質疑で取り上げたことに与党が反発して方針を変更、採決を強行した。民進党は「森友学園の質問封じだ」(山井和則国対委員長)と批判した。

 与党は週内にも衆院を通過させ、参院の審議を経て5月上旬ごろに成立させる日程を描く。

あなたにおすすめ