一時停止の新標識を公開

「STOP」併記

警察庁が公開した新しいデザインの道路標識

 警察庁は13日、訪日外国人の増加に対応するため、一時停止を示す道路標識の「止まれ」の文字の下に「STOP」の英字を併記する新しいデザインを公開した。7月1日から全国で順次、導入する。徐行や前方優先道路を示す標識も「SLOW」を併記する。

 2016年は訪日外国人旅行者が2400万人を超え最多となった。2020年には東京五輪・パラリンピックも控えていることから、警察庁は「道路標識、区画線および道路標示に関する命令」を改正し、訪日客にも分かりやすいように道路標識を整備した。

 警察庁によると、全国にある一時停止の標識は約170万カ所、徐行の標識は約千カ所。

あなたにおすすめ