シリア、化学兵器数百トン貯蔵か

アサド政権離反の元軍高官

 【ロンドン共同】英紙デーリー・テレグラフ(電子版)は14日、シリアのアサド政権から離反した化学兵器研究責任者の元軍高官ザヘル・サカト氏が、政権はさらに数百トンの化学兵器を貯蔵していると述べたと報じた。

 アサド政権は2013年8月の化学兵器使用疑惑を受け、ロシアの提案で化学兵器の全面廃棄に合意。化学兵器禁止機関(OPCW)が国外に搬送し14年に廃棄を完了したとされる。

 サカト氏はアサド政権がOPCWを欺いたと指摘。「彼らは1300トンしか申告しなかったが、少なくとも2千トンを保有していた」と述べた。

あなたにおすすめ