トピック米新政権

ペンス副大統領、非武装地帯視察

「全ての選択肢検討」

©一般社団法人共同通信社

17日、南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)を視察するペンス米副大統領(AP=共同)

 【ソウル共同】韓国訪問中のペンス米副大統領は17日、南北の軍事境界線がある板門店で非武装地帯(DMZ)を視察した。ペンス氏は北朝鮮に対応する上で「全ての選択肢を検討している」と述べて軍事的選択肢も排除しない考えを改めて示し、「北朝鮮は同盟国を支える米国の決意を読み誤ってはならない」と話した。

 ペンス氏は「米韓同盟は揺るがない」とも語り、韓国と北朝鮮がにらみ合う現場で強固な米韓同盟をアピールし、前日に弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮を強くけん制した。

 ペンス氏は在韓米軍幹部と面会し、ミサイル発射を巡る状況について説明を受けたもようだ。

あなたにおすすめ