パナ社員名乗り詐欺疑いの男逮捕

和歌山

 和歌山県警は17日までに、パナソニックの社員を名乗り現金をだまし取ったとして詐欺容疑で指名手配された男を逮捕した。自称宮崎市、造園設計事務所代表森本豊容疑者(40)で、容疑を否認している。逮捕は16日。

 逮捕容疑は昨年8月7日、広島市安芸区の駐車場で通行中の男性会社員(30)にパナソニックの総務部長を名乗って声を掛け、「私の荷物を積んだ車をほかの従業員が乗っていった。お金を貸してほしい」と現金2万円をだまし取った疑い。

 広島県警のほか、同様の詐欺事件に関与した疑いで指名手配した大阪府警によると、近畿を中心に2府10県で同様の被害が約60件確認された。

あなたにおすすめ